プレスリリース

CCI

九州商工会議所連合会(会長=谷川浩道・福岡商工会議所会頭)は、九州経済連合会、九州経済同友会、九州経営者協会との四団体連名で、構造的な賃上げによる経済好循環の実現に向けて、共同宣言を発出しました。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

FUKUOKA NEXT Pay

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡県商工会議所連合会(=谷川浩道・福岡商工会議所 会頭)は5月16日、「『パートナーシップ構築宣言』拡⼤で、適正な取引価格の実現を!」をテーマに、県内の産官労23団体とともに福岡市内で「取引適正化推進フォーラム福岡大会」を開催し、約600人が参加しました。
本フォーラムは、福岡県で「パートナーシップ構築宣言」などの取り組みをさらに推進し、県経済の発展につなげる目的で、官民が⼀堂に会し取り組みに対する理解を深めるとともに、宣言企業の拡大への機運を醸成しようと実施したものです。
谷川会長は冒頭のあいさつで、「取引上の立場の弱い中小企業が、思うように価格転嫁できない実態が浮き彫りになっている。『物価と賃金上昇の好循環』に向け、『取引適正化』は、現在の日本が抱える最重要政策課題だ」と述べました。
講演では、日本商工会議所の久貝卓常務理事をはじめ、中小企業庁の小林浩史事業環境部長、公正取引委員会の古谷一之委員長、守山宏道企業取引課長が関連施策について説明。その後、「『パートナーシップ構築宣言』の登録推進」「適正な価格による取引の徹底」「サプライチェーン全体の成長に向けた環境整備」を内容とする共同宣言を採択しました。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福岡商工会議所では、人手不足や生産性向上等、中小企業が抱える諸課題の解決に向けて、デジタル化を通じた支援を行っています。
 その中でも飲食業界では人手不足により、少ないスタッフに多くの業務負担がのしかかり、 長時間労働の常態化や、接客品質の低下といった問題が発生しています。その問題を解決するための方法として「飲食店のデジタル化」が注目されています。
 本セミナーでは飲食店のデジタル化を考える際に必要な視点や導入方法、導入による効果(生産性向上や売上アップ等)について、飲食店向けのデジタルサービスを提供する3社にトークセッション形式にてご紹介いただきます。

福福岡商工会議所は、12月15日・16日、小規模・中小企業者等のデジタル化、DXに向けた、はじめの一歩を”おせっかいする”展示会イベントをアクロス福岡にて開催します。本イベントでは、(1)デジタル化・DXにまつわるセミナーや、(2)最新のデジタルツール・サービスの展示(出展企業約40社)、(3)VR体験会、(4)専門家による個別相談会など様々なメニューを揃え、デジタル化を目指す事業者の皆様を支援します。

福岡市商店街百貨店量販店連盟は、今年も福博晩秋の風物詩「福博せいもん払い」を下記のとおり開催いたします。144年目を迎える今回は、「あなたにやっと会える せいもん払い」をサブタイトルに、「上川端商店街」「川端中央商店街」「新天町商店街」など23 団体が参加し、各団体で行う趣向を凝らしたイベントが華を添えます。
なお、初の試みとして、開催前日の11月14日には、例年上川端商店街・川端中央商店街が実施している八尋利兵衛氏のお墓参り・福博せいもん払い祈願に当連盟役員が参加することとなりました。

福岡商工会議所と株式会社NTTドコモ九州支社(以下、ドコモ)は、「中小企業デジタル化・DX推進」の連携と協働に関する覚書を下記のとおり締結いたしました。
コロナ禍で中小企業のデジタル化の遅れが浮き彫りになり、デジタル関連の人材や知識不足などさまざまな課題が山積しております。本覚書締結によって、中小企業のデジタル化・DXを推進することで、生産性向上や働き方改革への取り組み、新たなビジネスモデルの構築への取り組みを支援してまいります。
覚書締結後による取り組みの第一弾として、福岡商工会議所当所主催、ドコモ協力にてDX推進イベント「FUKUSHO DIGITAL EXPO2022」を開催いたします。

本件に関するお問い合わせ先

福岡商工会議所 総合企画部
企画広報グループ

〒812-8505 福岡市博多区博多駅前2-9-28 6F
TEL:092-441-1112 FAX:092-474-3200
  fkkikaku@fukunet.or.jp

お問合せフォーム