大企業と中小企業による新たな共存共栄関係の構築を目指す「パートナーシップ構築宣言」の登録募集開始について

大企業と中小企業による新たな共存共栄関係の構築を目指す
「パートナーシップ構築宣言」の登録募集開始について

経団連会長、日商会頭、連合会長及び関係大臣(内閣府、経産省、厚労省、農水省、 国交省)をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」において、 「パートナーシップ構築宣言」の仕組みを創設することになりました。

「パートナーシップ構築宣言」は、サプライチェーンの取引先や価値創造を図る事業 者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築するこ とを、企業の代表者の名前で宣言するものです。

「パートナーシップ構築宣言」では、

  1. サプライチェーン全体の共存共栄と規模・系列等を越えた新たな連携
  2. 親事業者と下請事業者との望ましい取引慣行(下請中小企業振興法に基づく「振興基準」)の遵守を宣言し、本ポータルサイトに掲載することで、各企業の取組の「見える化」を行います。

本ポータルサイトで「宣言」を公表して頂いた企業は指定のロゴマークを広報等に 使用することができます。

なお、政府において「宣言」を行った企業に対する補助金の優先採択を検討して います。

企業経営者の皆様におかれましては、「パートナーシップ構築宣言」へのご参加を 検討いただきたく、ご案内申し上げます。

リンク 「パートナーシップ構築宣言」ポータルサイト(宣言の登録・公表先)