【オンライン開催】伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」開催

伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」

福岡城跡を会場に、「伝統工芸×アート×ファッション」をテーマとした博多織や若手ファッションデザイナーによるファッションショー及びトークショーを実施。石垣等をライトアップし,福岡城跡を幻想的に演出。
伝統・素材・デザインといったモノづくりの視点からファッションを捉え、博多織とアートのコラボ事例等の紹介や若手アーティスト・ファッションデザイナーの創作を紹介することで、ファッション業界を目指す学生や若手デザイナーのクリエイションに刺激をもたらし、さらに一般消費者へ博多織やファッションの新たな視点の提案のきっかけとする。

※当初、2021年3月6日(土曜日)に福岡城本丸跡にて開催の予定でしたが、緊急事態宣言の延長により、イベントは無観客配信で開催いたします。
イベントの様子は、現在「福岡チャンネル 福岡チャンネル」で配信しています。

伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」

ファッションショー

ファッションショーでは、博多織(OKANO博多きもの制作所)や福岡のファッション関連学校の学生の作品が登場。
着物だけでなく、着物を現代のライフスタイルに合わせてファッショナブルに生まれ変わらせた衣装や、第94回装苑賞を受賞した岡本尚美さん(香蘭女子短期大学)の作品、福岡のファッション関連学校の学生の卒業制作が登場。
伝統と革新的なデザインの競演をお楽しみいただけます!

トークショー

それぞれの分野で活躍する方々が、モノづくりや伝統と革新、今後について語ります。
また、ファッションをトレンドだけでなく、伝統・素材・デザインといった視点で考えていきます。

出演者

株式会社岡野(OKANO博多きもの制作所)代表取締役社長 岡野 博一氏

1897年より続く博多織織元。欧米の伝統工芸を由来とするラグジュアリーブランドの世界的成功事例を学び、日本の伝統工芸全体の再生に尽力している。また、現代アーティスト小松美羽氏はじめアーティストとのコラボレーション実績多数。伝統工芸と現代アートとの融合の可能性を追求する。

伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」
香蘭女子短期大学 岡本 尚美氏

第94回装苑賞受賞。
素材にこだわった作品やさまざまなジャンル・物質等の世界観を表現した作品が特徴。装苑賞受賞作品は、「四次元の可視化」をテーマに、人の体が時間経過とともに変化していく点に着目し、壁のゆがみなどを可視化するために使われる多層膜構造色シートを用いて制作。

伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」
九州産業大学 研究生 井口 麻未氏

2020年に「明石家さんま画廊」選出、2019年に「シェル美術賞2019・オーディエンス賞」「AFAF AWARDS 2019・アートフェアアジア福岡大賞」を受賞。人々の装いをモチーフとした作品を制作している。

伝統工芸×アート×ファッション「福岡城ファッションショー」

問い合わせ先

福岡城ファッションショー事務局(ディップ・アンド・エス内)

電話: 092-844-8834(平日午前10時から午後5時)
E-mail: event@dip-s.co.jp