(6/25開催)観光・飲食部会 講演会

福商の活動

 当所観光・飲食部会(部会長=粥川昌洋・㈱極東フーズコーポレーション代表取締役社長)は、「インバウンド対策セミナー」を開催。135名が参加した。
 第1部では、台北駐福岡経済文化弁事処 処長(総領事)の戎義俊氏を講師に招き、「台湾との観光交流を考える」をテーマに講演。台湾人から見た市内中小事業者のインバウンド受入における課題などについて述べた。第2部では、福岡市経済観光文化局クルーズ課 課長の小柳芳隆氏が「博多港におけるクルーズ船寄港」について最新の情報を提供した。