(1/17-22開催)第36回食品まつり「博多うまかもん市」

福商の活動

当所博多うまかもん市実行委員会(委員長=中岡生公・(株)鈴懸 代表取締役社長)は、福博の地場食品を広くPRするイベント「食品まつり 博多うまかもん市」を岩田屋本店 本館7階大催事場で開催。

前回を上回る63社が出店し、福岡の選りすぐりの食品や食材が多数並べられた。

また、昨年7月の九州北部豪雨の被害にあった朝倉市、筑前町、東峰村の日替わりお楽しみ袋や果物、野菜、加工食 品などを各ブースで販売した。

6日間の期間中に、前年比約10%増となる約3万5千人が来場し、盛況であった。 なかでも、ごぼう天うどんや博多皿うどんなどの復刻メニューや、パン屋と和菓子屋のコラボレーションメニューなどは連日長蛇の列が出来た。