fcci 福岡商工会議所
  • ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ

イベントカレンダー

【セミナー・講演会】2019年11月13日

理財部会講演会・部会員交流会のご案内
「2020 年 不動産市場の展望と課題 ~ 転換期を迎えた市場。五輪後に向けての対応策 ~」

2019年11月13日に終了しました。

概要

 日本の不動産市場は、金融情勢の変化と米中貿易戦争や景気後退という複合的な要因によって、数年間に及ぶ大活況が終わりつつあります。日韓問題の長期化や香港の騒動もあり、インバウンド需要の今後も気になるところですが、超低金利は依然として続いているため、住宅・不動産の取得意欲は衰えておらず、市況は緩やかな減速となっています。
 しかし、不動産取引に対する金融機関の融資姿勢は確実に厳しくなっており、その影響で不動産全体の取引量は少なくなって、価格は調整局面に入ってくる一方で、人生100 年時代、格差社会の出現、空き家問題など、事業環境の変化もあって、不動産の新しいニーズも生まれてきていることからも、今後に向けては過去の延長線上で捉えることは危険だといえます。
 これらの背景を踏まえ、今回は最新の市場データを基に解説いただくとともに、今後の市況動向の予測と対応策についてご講話いただきます。


開催日時

令和元年11月13日(水) 15:00~16:30

講師
ネットワーク88 代表  幸田 昌則 氏

【講師略歴】
福岡県出身。九州大学法学部卒。リクルート発行の「住宅情報」誌の創刊責任者を三大都市圏で歴任。
不動産市況アナリストとして、90 年バブル崩壊以前の1989 年11 月に発表した「関西圏から不動産価格が大幅に下落する」は不動産業界に波紋を呼び、予測の正確さが実証されて以来、長年にわたって不動産市況について発信を続けている。また、近年では、高齢化社会の進行、人口減少、更に、ネット社会の到来が、日本の不動産市場に構造的な変化を与えていると指摘している。
的確な市況分析と助言で、全国に多くの支持者を擁するマーケット分析の第一人者であり、現在は、ネットワーク88 を主宰。不動産業の経営、事業・営業戦略のアドバイス、幹部研修などでも活躍している。また、土地資産家や企業経営者を対象とした講演では、データを基に、具体例を交えた分かり易い解説に定評がある。

【最近の著書】
「東日本大震災後の不動産の鉄則」 (日本経済新聞出版社)
リクルート・江副浩正から学んだ「成長の経営哲学」(週刊住宅新聞)

会場グランドハイアット福岡 3F ボールルーム (福岡市博多区住吉1-2-82) 
定員200 名(定員になり次第締切)
参加費無料
申込方法下記インターネット申込み、または案内チラシ(参加申込書)に必要事項をご記入の上、FAX(092-474-3200)にてお申込み下さい。
◎ 誠に恐れ入りますが、当日は「お名刺」か「本参加票」を受付にご持参下さい。

お問合せ先

福岡商工会議所 総合企画部 経理・財務グループ
TEL:092-441-1115 FAX:092-474-3200
Mail:fkkeiri@fukunet.or.jp

お申込・案内チラシ

  • 2019年11月13日に終了しました。

イベントカレンダー・一覧ページへ
福商 TOPページへ