福岡商工会議所/Fukunet/経済 経営 ビジネス情報

fcci 福岡商工会議所
  • ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

若手職員による仕事紹介⑥

福商の活動
よかぞう ウォーク 福岡商工会議所 Facebook

このページに
「いいね!」

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

HOME >  福商について >  職員採用 >  若手職員による仕事紹介⑥

若手職員による仕事紹介

会員サービス部 検定・企業研修グループ
安河内 崇就 (2017年入所)
【経歴】

2017年~ 会員サービス部 検定・企業研修グループ

【福岡商工会議所を選んだ理由】

地元福岡への貢献

私が就職活動をしていくうえで、軸にしていたことは地元福岡への貢献でした。大学の4年間を東京で過ごし、貴重な経験や日本各地から来た多くの友人ができました。しかし、同時に福岡への愛着を感じた期間でもありました。そこから「地元福岡へ貢献したい」という想いが強くなる中で、就職活動を始めました。福岡商工会議所の募集を見たときに、これだと感じました。福岡の地域経済発展のために活動しているという点は私にとって非常に魅力的なポイントであり、企業や行政と協同し地域発展に努めているのであれば福岡への貢献ができると考え志望しました。

【現在の業務について教えて下さい】

商工会議所検定試験の運営

私の仕事は検定試験に向けての準備と試験当日の取りまとめです。私は主に日本商工会議所の簿記検定や珠算検定を担当しています。大学生の皆さんの中には受験したことのある方もいらっしゃるかもしれません。検定試験の実施には、受験者の受付や会場・スタッフ・問題の手配等が必要です。その他にも対策講座の開催や検定のPR、受験者層の動向を調べることなど多くの準備段階での業務があります。これら業務は多岐にわたります。そのため、スケジュール管理と自分が今どの段階の業務を進めているのかを常に確認することが大切です。スケジュール管理は社会人に必要なものですが、この仕事で特に身につくことができると思います。

【就職活動中の皆さんへのメッセージ】

皆さんの中には仕事をするということ、社会人になるという事に実感がわかない人もいるのではないでしょうか。私も社会人になることへの実感がわかない時がありました。そんな時は自分を見つめ直し、一つの軸を見つけてみてください。軸を見つけることで社会人になり仕事をしている自分が見えてくると思います。自分を見つめなおすことは自己分析に必要なことですし、軸を持つことで周囲に振り回されずに就職活動ができます。


前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。