福岡商工会議所/Fukunet/経済 経営 ビジネス情報

fcci 福岡商工会議所
  • ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

福商の活動
よかぞう 福岡商工会議所 Facebook

このページに
「いいね!」

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

HOME >  会員サービス >  健康Q&A >  睡眠時無呼吸症候群(SAS)

~働き盛りの健康管理~

睡眠時無呼吸症候群(SAS) 2007年11月号より

一木 昌郎
国立病院機構 九州医療センター 呼吸器科 科長

日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・評議員、日本肺癌学会評議員。医学博士。
平成元年大分医科大学卒業。平成16年12月より現職。
45歳女性。数ヶ月前より毎日のように蕁麻疹が出るようになりました。近くの皮膚科で処方される薬を内服すると症状は治まりますが、やめると再発します。原因の精査、治療のため、紹介を受け受診されました。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは
 睡眠中に断続的に無呼吸を繰り返し、その結果日中傾眠などの種々の症状を呈する疾患の総称を、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と言います。中枢型と閉塞型に分けられますが、中枢型は脳幹の呼吸中枢の異常などが原因であり、臨床的には閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)がほとんどであるため、こちらを指している場合が多いです。
 OSASは、睡眠時に上気道が閉塞し気流の停止により睡眠時無呼吸、低呼吸を呈するものです。閉塞の原因としては、肥満に伴う上気道軟部組織への脂肪沈着、扁桃肥大、巨舌症、鼻中隔彎曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)、アデノイド、小顎症などがあります。
OSASの定義と症状は
 睡眠中に繰り返し上気道の閉塞が起こり、後で説明する無呼吸や低呼吸が出現することが特徴です。これにより酸素飽和度は低下し、長時間続くと次第に二酸化炭素(炭酸ガス)が上昇し、低酸素血症が出現します。これらのイベントはほとんど目が覚めることによって終了しますので、自分では気付きにくいことが多いです。自覚症状としては、日中傾眠が主にあげられます。他にいびき、倦怠感、集中力欠如、起床時の頭痛、知性の低下などが認められます。
検査は
 まず、前述した症状などの問診の他、睡眠時に呼吸が停止しているかについて家族、特に配偶者から証言を得ることが重要です。精密検査は終夜睡眠ポリグラフ(PSG)を施行します。脳波、眼球運動、鼻と口の気流測定、酸素飽和度測定、胸腹部の呼吸運動などを測定するものです。例えば当院では、1泊入院で夕方5~6時頃入院して頂き翌朝には帰宅可能です。夜間データを取るだけですので特に苦痛などはありません。
 これらの検査から無呼吸、低呼吸を算出します。無呼吸とは睡眠中10秒以上の気流の停止を言います。低呼吸とは前後の安定した呼吸より50%以上の換気量あるいは気流の低下が10秒以上持続した場合を示します。酸素飽和度が一定以上低下した場合も低呼吸状態に含めます。
 睡眠中、この無呼吸と低呼吸を足したイベント数を1時間あたりの回数に換算した値を無呼吸低呼吸指数(AHI)と言い、5回から異常で5~15回を軽症、15~30回を中等症、30以上を重症と定義しています。一般にこのAHIが20以上の方は鼻CPAP療法を行います。
どのような方が罹りやすいか。合併症は?
 イメージとしては、肥満で首が短く周囲に脂肪沈着している方が多いと思います。しかし肥満度を示すBMI (体重kg÷身長m÷身長m)が正常範囲の25以下の方も30%程度いますので、痩せているからこの病気にならないとは限りません。
 また多くの研究から、この病気を放置しておくと合併症として高血圧になる確率が約2倍、心筋梗塞などの心疾患が3倍、脳血管障害は4倍以上にもなるとの報告があります。AHIが中等度以上の方は、5年生存が85%程度で、8年生存は66 % まで落ちるとの報告もあり、死因はこれら合併症によるものです。
治療は
 マウスピースを使用したり、以前は手術をすることもありましたが、現在はほとんどが鼻CPAP療法を施行します。これは、鼻をすっぽり覆うマスクがあり空気のとおる管がついており、その先に空気を送る機械があります。脂肪沈着や舌根沈下などで上気道の閉塞を来しているので、一定圧の空気を鼻から送ることで閉塞部が改善し呼吸が普通にできるようになるわけです。健常者がやると違和感が著しいのですが、OSASの患者さんは呼吸できる事により快適快眠を得るようになります。
 心当たりのある方は、肥満の改善も重要ですが、早期発見、早期治療を心がけて下さい。またすでに高血圧や心臓疾患、脳血管疾患で加療中の方も、この病気が背後にないか否か確認する事も重要です。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。