福岡商工会議所/Fukunet/経済 経営 ビジネス情報

fcci 福岡商工会議所
  • ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

下肢の血行障害(閉塞性動脈硬化症)

福商の活動
よかぞう 福岡商工会議所 Facebook

このページに
「いいね!」

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

このサイトはグローバルサインにより認証されています。
SSL対応ページからの情報送信は暗号化により保護されます。

HOME >  会員サービス >  健康Q&A >  下肢の血行障害(閉塞性動脈硬化症)

~働き盛りの健康管理~

下肢の血行障害(閉塞性動脈硬化症) 2007年10月号より

小野原俊博
国立病院機構 九州医療センター 血管外科 医長

日本外科学会専門医・指導医、心臓血管外科専門医、日本血管外科学会評議員、日本消化器外科学会認定医、九州大学医学部非常勤講師、昭和61年九州大学医学部卒業、九州大学第二外科入局。
松山赤十字病院、九州中央病院、九州大学病院講師等を経て、平成19年4月から現職。
専門領域は、血管外科で、血管内治療の経験も豊富。
59歳男性。20歳台より喫煙しており、現在1日1箱の愛煙家。300mほど歩くと両下肢にしびれるような痛みが出現し、それ以上歩けなくなります。5分ほど立ち止まって休むと痛みはなくなりますが、同じ距離を歩くとまた痛みのために歩けなくなります。早足で歩いたり、坂道を登るときには短い距離で痛みが出現します。歩くことが億劫になり、仕事にも差し支えます。当初、整形外科を受診しましたが、整形外科的な異常はなく、血管外科を紹介されました。
歩行時の痛みの原因は何ですか?
 歩くと下肢の痛みが出てきて歩けなくなり、休息するとまた歩けるけれど、しばらく歩くとまた痛みが出てきて歩けなくなる症状を間歇性跛行(かんけつせいはこう)と言います。一定の運動量で症状が出現するので、下肢の血行障害が疑われました。左右の股の付け根で動脈に触れると、動脈の拍動がありません。足首と肘で血圧を測る器械で測定すると、足首の血圧は肘の血圧の6割程度しかありませんでした。CT検査を行ったところ、お腹のなかの太い血管(腹部大動脈)から左右の骨盤の動脈(腸骨動脈)にかけての血流が認められず、閉塞性動脈硬化症と診断されました。
閉塞性動脈硬化症とは?
 下肢を栄養する動脈が動脈硬化によって狭くなったり、詰まったり(閉塞)して、下肢の血行障害(虚血)を起こす病気です。動脈硬化は全身の動脈に起こりますが、下肢は心臓や脳とともに動脈硬化を起こしやすい部位です。従って、閉塞性動脈硬化症は、全身の動脈硬化の部分症状であり、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)や脳血管障害(脳卒中)を合併したり、将来、このような病気を発症したりする可能性が高いと言えます。60歳台以降に多い病気ですが、40歳台にも発症します。
 閉塞性動脈硬化症の症状はどのようなものですか? 動脈が閉塞しても、その前後の動脈の枝が発達し、閉塞部分を迂回する側副血行路ができます。側副血行路が発達していれば無症状のこともありますが、側副血行路の発達が悪かったり、動脈閉塞の範囲が広かったりすると、虚血の症状が出てきます。歩くためには、下肢の筋肉により多くの血液が必要になりますが、歩いている途中で必要な血流量を維持できなくなると、筋肉が酸欠状態になり下肢、特にふくらはぎ、の筋肉の痛みが生じます。これが、間歇性跛行の正体です。腰部脊柱管狭窄症のような脊椎の病気でも類似した症状が生じることがありますが、一定の運動量で症状が出現するわけではなく、姿勢で症状が変わります。
 間歇性跛行の症状を訴える患者さんでは、下肢の切断に至る可能性は低いのですが、更に重症になり、安静時の痛みや潰瘍・壊疽の症状があると、放置すると肢切断の危険性が高く、早急な手術が必要です
どのような治療を受けたら良いでしょうか?
 間歇性跛行の症状に対しては、まず、禁煙、運動、薬物治療を行います。肢切断になる可能性は低いので、症状が改善しない場合や、症状の改善が満足できない場合に、手術をお勧めしています。カテーテルを用いた血管内治療が発達し、数日の入院で済むことも多くなりました。また、血管内治療が不向きな場合は、バイパス手術を行います。手術方法の選択にあたっては専門医(血管外科)の判断が必要です。また、虚血性心疾患や脳血管障害を合併する可能性が高いので、間歇性跛行の症状を放置せずに、医師にご相談下さい。

前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。