fcci 福岡商工会議所
  • ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ

イベントカレンダー

【セミナー・講演会】2017年10月25日

福岡商工会議所理財部会主催講演会
「金融情勢の変化がもたらす不動産市場への影響」

概要

 第2次安倍政権の誕生後、異次元の金融緩和の実施に加え、消費増税による駆け込み需要や相続増税に対処するためのアパート建築もあり、住宅・不動産への人々の関心は高いものがありました。さらに、昨年からは「マイナス金利」等の数々のカンフル剤が投与され続けています。
 しかし、価格が高騰した福岡での熱は未だ冷めないものの、京都や東京などの都市を中心に、価格上昇の限界と需要の陰りが見え始め、また今年度からは金融機関による「選別融資」の姿勢が強まり、関心は高くても「買えない」といった事態も散見されるようになってきました。
 そこで、今回は、不動産市況に関する的確な予測と助言で全国に多くの支持者を擁する不動産市況アナリストの幸田昌則先生を講師にお招きし、こうした変化の先には何が起こるのか、そして不動産にかかわる事業者として何に留意していけばいいのか、についてご講話いただきます。

開催日時平成29年10月25日(水)15:00~16:30
会場福岡商工会議所 301会議室(福岡市博多区博多駅前2-9-28)  
定員150名(定員になり次第締切)
講師
ネットワーク88 代表  不動産市況アナリスト 幸田 昌則 氏

【講師略歴】
福岡県出身。九州大学法学部卒。リクルートが発行の「住宅情報」誌の創刊責任者を三大都市圏で歴任。
不動産市況アナリストとして、90年バブル崩壊以前の1989年11月に発表した「関西圏から不動産価格が大幅に下落する」は不動産業界に波紋を呼び、予測の正確さが実証されて以来、長年にわたって不動産市況について発信を続けている。また、近年では、高齢化社会の進行、人口減少、更に、ネット社会の到来が、日本の不動産市場に構造的な変化を与えていると指摘している。
的確な市況分析と助言とで、全国に多くの支持者を擁するマーケット分析の第一人者。現在は、ネットワーク88を主宰。不動産業の経営、事業・営業戦略のアドバイス、幹部研修などでも活躍している。また、土地資産家や企業経営者を対象とした講演では、データを基に、具体例を交えた分かり易い解説に定評がある。

【主な著書】
「不動産で豊かになる10年先の読み方」(日本経済新聞出版社)
「失敗に学ぶ 不動産の鉄則」(日本経済新聞出版社)
「下がり続ける時代の 不動産の鉄則」 (日本経済新聞社)
「不動産 新しい考え方と利益の出し方」(中経出版)
「不動産 これから10年のトレンド」(日本経済新聞社)
「不動産価格はまだ下がる」   (日本経済新聞社)
「不動産ビジネス 価格破壊の時代」  (日本経済新聞社)
「不動産ビジネスがまるごとわかる本」 (東洋経済新報社)
「東日本大震災後の不動産の鉄則」 (日本経済新聞出版社)
リクルート・江副浩正から学んだ「成長の経営哲学」(週刊住宅新聞社)

お申込方法下記案内チラシ(参加申込書)をFAX、もしくはメールにてお願い申し上げます。
当日は、名刺またはご記入いただいた申込書にて受付させていただきます。
ご持参の程よろしくお願い申し上げます。

お問合せ先

福岡商工会議所 経理・財務グループ
TEL 092-441-1115 FAX 092-474-3200
E-mail fkkeiri@fukunet.or.jp

お申込・案内チラシ


イベントカレンダー・一覧ページへ
福商 TOPページへ