• ENGLISH
  • リンク
  • サイトマップ
  • アクセス
  • 本日の予定
  • お問い合わせ
文字サイズ

イベントカレンダー

【セミナー・講演会】2016年1月13日

主催:福岡商工会議所
EPA(経済連携協定)活用支援セミナー

2016年1月13日に終了しました。

概要


 EPAとは、Economic Partnership Agreementの略で、国や地域との間で取り決められた輸出入等に関する協定のことです。輸入者が「特定原産地証明書」を税関に提出することで、通常より低い関税率(特恵税率)を適用し調達コストを削減できるなどのメリットがあるため、輸出者に対して「特定原産地証明書」の取得を求められるケースが増えています。
 わが国は現在、13か国1地域との間に経済連携協定(EPA)を結んでいます。また、TPP(環太平洋経済連携協定)の合意やRCEP(東アジア地域包括的経済連携協定)などの広域経済連携協定も合意に向けた交渉が続けられるなど、経済のグローバル化はますます広がっています。
 特恵税率の適用を活用することで、競争力の強化を図ることも戦略の一つです。
 今回のセミナーではEPAの概要と、特定原産地証明書取得のための手続き方法について分かりやすく説明します。ビジネス拡大の一助として、この機会にぜひご参加ください。

EPA発効国

シンガポール、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、
アセアン、フィリピン、スイス、ベトナム、インド、ペルー、オーストラリア

開催概要
日時平成28年1月13日(水)14:00~17:00(受付開始 13:30)
場所福岡商工会議所4階 401会議室 (博多区博多駅前2-9-28)
対象特定原産地証明書を利用する(または、利用予定)の方
定員50名 ( 先着順 )
受講料無料
講師日本商工会議所 国際部 特定原産地証明書担当
内容
  1. EPAの概要と原産地規則の概要について
    • (1)EPAとは
    • (2)原産地規則とは
  1. 特定原産地証明書の発給申請手続きについて
    • (1)判定依頼について
    • (2)発給申請から取得まで
申込方法

下記インターネット申込みまたは案内チラシ(受講申込書)に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。
FAX:092-411-1600

※「受付連絡」や「受講票の発行」はいたしません。当日は受付にお名刺か申込書控をお出しください。

お問合せ先

福岡商工会議所会員サービス本部(原産地証明担当)
TEL:092-441-1114

お申込・案内チラシ

  • 2016年1月13日に終了しました。

イベントカレンダー・一覧ページへ
福商 TOPページへ